« 石膏デッサン 夜の児童教室+土曜基礎教室 | トップページ | 秋の静物画 »

2013年10月15日 (火)

児童部 10月12日

S_2
年内のカレンダーです↑
クリックすると大きくなります。

日程お間違えないよう、ご注意ください!
10月は12、19、26日です。



10
12の児童部の様子で〜すhappy01

sun 朝、昼のクラス(幼年-小6)shine

 

tuliptulip 幼年(年中+年長)tuliptulip

秋の食べ物を描くmaple

かぼちゃ、ぶどう、栗、みかんなど秋の食べ物を囲んで描きました。

Img_2988
むむむ、美味しそうですhappy01

Img_2967
ぐるっと囲んで、近い方を描きましたpencil

Img_2966_2
墨と割り箸ペンで形や模様を描いて、

Img_2971

Img_2956

インクで色を塗りましたart

元気いっぱいの秋の静物画は、後日UPしますのでお楽しみに〜flair

 

tuliptulip 低学年(小1−2年生) tuliptulip

万華鏡shine

トイレットペーパーの芯を使って、万華鏡を作りましたnote

Img_2945
芯の中に鏡とアクリル板を仕込んで、モールやセロファンなどキラキラするものを入れましたshineshineshine

Img_2943
芯のサイズにアクリル板を切って、中に入れます。

Img_0242
芯の外側をビニールで包んでありますpouch

Img_0241
いろいろ入れて、回してみて、具合を調整します。
外側を色画用紙や包装紙でかっこ良くして完成ですhairsalon




tuliptulip 中学年(小3-4年生)tuliptulip

プチshineプラネタリウム」の完成!

穴から覗くと夜空がみえるプチプラネタリウムですshineshine
みんなで完成しました!

Img_2944
ずっと来ていた子は星空別バージョンや箱の飾り付け。
お休みした子は箱を作っていました。

Img_0243
別バージョンの星空を作ってますflair

Img_2976
星空の外側のシートにマジックで色をつけると、星の光に色がつくんですcrown

Img_2974
箱にも絵を描いて完成〜fuji



tuliptulip 高学年(小5-6年生)tuliptulip

素数diamond魔法陣

板にまあるくたくさん釘を打って、そこに糸を引っ掛けてつくっていく工芸です。
全体の釘の数、飛ばす釘の数が素数なので、素数魔法陣!
グルグルと糸をかけて、魔法をかけますnight

Img_0233
前回ペンキを塗っておいた板に、今回は釘を打っていきます。

Img_0234_2
たくさん打たないといけませんwrench

 

Img_0235
まっすぐ打たないといけません。
しかも、全部同じくらい打ち込まないといけません。

 

どんなのができるか、お楽しみに〜scissors



moon3 夜のクラスshine

(小学生基礎教室4〜6年、中学生基礎教室)

色の勉強

デッサン続きだったので、色の勉強に入ります。
色の基本の講義を受けて、新しい課題にはいります。
Img_3000

絵の具のチューブを、明るい順に並べてみています。
みんなで相談して決めてます。

Img_3001
並べたら、答え合わせ!
案外難しかったですhappy02

その後は次の課題に入ってきます。

Line
これはモナリザをトーン分解した画像です。
これに、4段階の明度で塗ります。色相は自由です。

applebookartrunapplebookartrunapplebookartrunapplebookartrunapplebookartrunapple

 

児童部ではchick年中さんは
入学金(2万円)が
無料です!

月の途中でも入学できます!

体験もできますので、お気軽にお問い合わせください!

applebookartrunapplebookartrunapplebookartrunapplebookartrunapplebookartrunapple

|

« 石膏デッサン 夜の児童教室+土曜基礎教室 | トップページ | 秋の静物画 »

児童部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1448434/53609988

この記事へのトラックバック一覧です: 児童部 10月12日:

« 石膏デッサン 夜の児童教室+土曜基礎教室 | トップページ | 秋の静物画 »